東南アジア就職・移住のためのサポートサイト

シンガポール、タイ、マレーシア、フィリピン等、
7ヶ国の求人紹介、エージェントへの登録を代行。

なぜ海外就職が今注目されているのか

今、「海外就職」が注目されています。

おいしい料理、悪くない治安。言葉も通じて安心。

それなのに、慣れた地を離れ、言葉も通じない海外で就職する意味とは何でしょうか?

様々な意見はあると思いますが、ご自身のキャリアパスを長い目で見たとき、「海外就職」という選択はキャリア成功への近道となるのではないでしょうか。

売り手市場と呼ばれている一方で、非正規雇用者が増加している矛盾。

さらに、非正規雇用者と正規雇用者では、経験できる職務が少なく、キャリアの機会も狭められてしまいます。

そのような中でも、「海外就職」は多くの人にチャンスがある魅力的な選択肢となります。

基本は大学を卒業している事が前提ですが、どの大学を出たか、雇用形態はどうかよりも、「これまで何をやってきて、何ができるのか」を見てくれる会社が数多くあります。

やる気さえあれば、多くのキャリアを積む機会が与えられ、帰国後には「海外経験者」として重宝されるようになるのです。

少し前であれば、選択肢が少ないので我慢して日本に適応していくしかありませんでしたが、今は選択肢があります。それが「海外での就職・移住」です。

海外就職は想像以上に身近になりつつあるのです。

海外就職・移住のメリット


海外に行けば、人種も文化も習慣も違います。当然戸惑うこともあるでしょう。しかし、それらに対応し、乗り越えていくことで、どんな状況にも柔軟に対応する力が自然と身についていきます。

繰り返しになりますが、海外就職・移住で多くのことを経験でき、視野も広がります。

上記のとおり、帰国後は海外での経験を活かした道に進むこともできます。その後の選択肢が広がるということですね。

また、語学力に関してはその後日本で就職する際にも武器になるスキルなので、それを目的に海外に向かう人も多いです。

もちろん語学は、現地に住めば自然に身につくということはありません。
自ら積極的に学ぼうとする姿勢が必要です。現地の人達と一緒に仕事をする場合、英語、もしくは現地語が話せないと仕事になりません。
しかし、それは見方を変えれば「お金をもらいながら語学も勉強できる・身につけられる」ということ。一石二鳥です。しかも覚えられるのは生きたコトバです。

なお、日本人を相手にした職業などは、現地の言葉が話せなくても仕事はできます

そしてこの先訪れるといわれる「ボーダレス化時代」の前に、自分の価値を発揮し高めていくことで、確実に世界が広がります。

海外に行って分かる日本の良さ

海外に行ってみると、日本の良さに気付くという人が多いです。

日本人特有のきめ細やかな心遣いや清潔さは、なかなか海外では経験できることではありません。こういうことに気付けることも、外の環境に身を置くことのメリットではないでしょうか。自分の「あたり前」に自信が持てるって凄く大切なことです。

しかし、海外といってもアメリカ、ヨーロッパ、中国韓国、アジア…どこでもいいかというと、やはりそうではありません。現実的に難しい国もあります。
せっかくなら快適に気持ちよく暮らしたいですよね。

この辺りの情報にご興味がある方はぜひ以下のページをご覧下さい。きっと、想像以上の世界が広がっていることに気づいて頂けると思います。

→ いま動くなら欧米ではなく東南アジア

お手元のPC・スマホでも参加可能なオンラインセミナー実施中。海外就職に必要なエッセンスが短時間で学べます。

flowtitle

area4img1area4img2 area4img3 area4img4 area4img5